とよたおいでんバス コミュニケーション研修

きっかけ

・平成26年度の(一社)日本福祉のまちづくり学会東海北陸支部が行った「車いす利用者による乗り合いバス利用時の心理的バリアの実態」

 の調査から、車いす利用者がバスを利用する際に、さまざまなストレスを感じていることがわかった。

・とよたおいでんバス利用に関するワーキング(意見交換会)に参加する中で、バス運行事業者が

 【車いすの形状の多様化】【固定装置の煩雑化】【車いす利用者への声のかけ方】について難しさを感じていることを把握した。

 

まずは相互理解を行う。

2019・H31・R1

車いすコミュ研

知的コミュ研

実績



2018・H30

コミュ研

新型固定装置体験

実績



2017・H29

コミュ研

コミュ研

実績



2016・H28

現行固定装置体験

15認定車乗車体験

特定車いす固定勉強会


助成金獲得

こども園バス乗り方教室

小学校バス乗り方教室



2015・H27

意見交換会



2014・H26

FCV乗車体験



どうぞご視察ください!!

 バス・タクシーの公共交通機関の乗務員さんの

 『障がいをお持ちの方にどう接したらいいのか・・・』という悩みは全国共通です。

 ご見学いただくことで、地元に活かすことができるかもしれません。

メモ: * は入力必須項目です